STORY人を知る

自分らしく成長したいと
思えるのは
頼れるチームの中にいるからこそ

栄支社 主任 営業パーソン

山田 都夕未2018年入社

TSUYUMI YAMADA

scroll

私は就職先を探すときに、自分らしく働けるかどうかをいちばん重視していました。大学やまわりからは銀行や事務職などを勧められるんですが、ずっと座りっぱなしは性に合わないし、どうせなら好きなことを仕事にしたいと思っていました。それで美容業界の会社を探しはじめたんです。実は第一印象で、もうミツイに入社したいという気持ちは固まっていました。仕事内容はもちろん、ユニット制度などの働く環境が私にとっては大きかったです。営業というひとと接する仕事はおもしろそうだけど、私にできるかどうか不安で。でもミツイにはユニットというチームで動ける安心感があって、お客さまによろこんでもらいたいっていう想いの強さにも共感できました。悩んだりつまづいたりしながらも、ここでならちゃんと楽しく働けるって思えたんです。

ときどき大学時代の友人と集まると「仕事がつらい」という悩みを聞きます。でも私は、その気持ちがわからない。むしろ入社してからずっと楽しいと感じています。もちろんサロンの訪問数が多くてヘトヘトになったり、お客さまにご迷惑をかけてしまって怒られたり、信頼関係をうまく築けなくて悩んだりもします。でも「ありがとう」って言われたら本当にうれしいし、中には「山田さんだから」って言ってくださる方もいて。そして何よりミツイの先輩たちがたくさん支えてくれるので、つらいと思うことがないんです。自分が所属するユニット内だけではなく、ユニットの枠をこえて面倒見を見てくれる先輩ばかりで、いつどんなときも相談の敷居がとても低いし、いつも気にかけてくれているのがわかります。おかげで、前向きな気持ちがずっと続いているんだと思います。

ミツイは「オールプロジェクト」という考えを掲げていて、ひとりのお客さまに全員で向き合う、取り組むという特徴があります。ユニットというチームだけではなく、会社全体もひとつのチームなんです。会長、社長とも距離が近いし、部長などの役職関係なくいろんな人をひっぱってきて、いっしょに提案に臨むことができます。お客さまも「ここまでしてくれるんだ」ってよろこんでくれて、ミツイの覚悟や本気が伝わっているのを感じます。サロンの経営や人財育成に精通したスペシャリストが名古屋にいますが、いつもあちこちの提案に呼ばれて出張しているんですよね。私自身もできる限りがんばるけれど、私という現場担当を通して、ミツイの総合力が提供できると思うと、心強いし、気持ちが引き締まります。そして本当に社内のいろんな方と接しますが、みんな熱意があって世話好きという共通点がありますね。

私はユニットの中でトータルビューティに関する商品を強みに動くことが多いです。アイラッシュやネイルなどもともと興味のある分野だから、知識を深め、提案力を高められるのは楽しいです。でも最近は、もっと提案の幅を広げたい、もっと難しい悩みや課題にも応えられるようになりたい、という欲が出てきました。自分が成長すればするほど、サロンや美容師さんの役に立つことが増えると思うと、大変だったとしても今できないことはチャレンジしてできるようにしていきたい。そして私はコンテストが大好きなので、ミツイの主宰するコンテストの運営にいつか携われたらとも考えています。営業の仕事を究めるためにも、将来の選択肢を増やすためにも、業界のことにもっと詳しくなりたいし、サロンや美容師さんの成長をもっと支えられるようになりたいです。

就活生へのメッセージ

未来の自分や将来の安定を考え過ぎるよりも、日々働く自分が目の前の仕事を楽しめるかどうかが、いちばん大事なんじゃないでしょうか。私はミツイを選んで間違いじゃなかったと今も感じています。楽しく働くたくさんの先輩に会いに、会社説明会にきてみてほしいですね。

※記事内容および社員の所属は取材当時のものです。

RECRUIT募集要項

PAGE TOP